住宅性能

2022.11.22

24時間換気は寒い時期も運転を!その理由や暖かく過ごすための対策も

facebook

twitter

line

    

現在は住宅への設置が必須となっている24時間換気システムですが、外からの冷たい空気を取り入れるため冬は寒いと感じるケースもあるようです。

 

しかし、24時間換気は住まいの環境を守るための大切な仕組み。

寒い時期だからといって、運転を止めるのはおすすめできません。

 

今回のコラムでは、24時間換気の必要性について解説。

寒い時期にも24時間換気を止めてはいけない理由やつけておくメリットをご紹介します。

 

24時間換気が寒いと感じる場合にできる対策もあわせてお伝えします。

 

そもそも24時間換気とは?種類も確認

24時間換気とは、建物に設置した換気設備で室内の空気を強制的に入れ替えるシステムのこと。

強制換気システムとも呼ばれます。

 

住宅性能が向上し建物の気密性が高まる一方で、建材や家具から生じる化学物質や、生活の中で生じるチリやホコリなどを原因とした健康被害「シックハウス症候群」が問題となっていました。

 

そこで、2003年の建築基準法改正では、すべての住宅に24時間換気システムの設置を義務化。

24時間換気システムにより計画換気を実施し、汚れた空気を排出して新鮮な空気を取り込んで、シックハウス症候群などを防ぐことを目的としています。

 

換気システムの種類は、大きく分けて以下の3種類があります。

  • 第1種換気:給排気とも機械(換気扇)で行う
  • 第2種換気:給気は機械(換気扇)、排気は自然に(換気口)行う
  • 第3種換気:給気は自然(換気口)に、排気は機械(換気扇)で行う

 

24時間換気の種類やそれぞれの特徴については「住宅の換気の種類を詳しく!どれを選ぶのが理想的?」のコラムでも詳しくご紹介しています。

 

 

24時間換気を止めるのはNG?寒い時期も必要な理由とは?

住宅の24時間換気システムは、強制換気で1時間に室内の半分の空気を入れ替えています。

給気口から取り込んだ空気によって風の流れができ、冬の寒い時期などはもしかすると寒さを感じるかもしれません。

 

しかし、だからといって24時間換気を止めるのはNG!

24時間換気はその名の通り、24時間運転するものなのです。

 

24時間換気を止めてしまうと、室内の空気が排出されず、空気に含まれた湿気や汚れ、ホコリなどが室内に滞留してしまいます。

湿度を含んだ空気が浮遊したままの状態で冷たい窓や壁などに触れて冷やされると、空気中の水分が凝縮して水滴となり、結露が発生しやすい環境を生んでしまうことも。

結露はカビにつながり、建物を傷め、カビの胞子やカビをエサとするダニが増えてぜんそくやアレルギーの原因になってしまいます。

 

また、建材や家具などから生じる化学物質が蓄積することで、シックハウス症候群の原因にも。

建物の劣化や健康被害を防ぐためにも、24時間換気で常に新鮮な空気を取り入れることが大切なのです。

 

結露が発生する仕組みや健康への悪影響については、こちらのコラムでも詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

結露の仕組みを知って防ごう!結露やカビを発生させない対策とは

壁内結露が発生する原因は?防ぐための対策、建物や人体への影響も解説

 

「FPの家」の24時間換気は?寒い?

「FPの家」では、主に第3種換気を標準仕様とした24時間換気システムで計画換気を実施。

徹底した気密施工を施した「FPの家」なら、機械によって汚れた空気を排出した分、必要なだけロスなく計画的に給気口から新鮮な外気を取り入れることが可能です。

 

完成時には、全棟で風量測定を実施し、計画換気がきちんと働いていることを確認してからお引き渡しを行っているので安心です。

 

「FPの家」は、高いレベルで気密性を確保することができ、断熱性にも優れた「FPウレタン断熱パネル」を断熱材として採用。

そのため、暖房効率も良く、必要以上にあたたかさを逃すことがない住宅環境を維持するため、寒い冬場でも、あたたかさとクリーンで新鮮な空気を両立できる住まいを叶えます。

 

「FPの家」で、24時間換気システムのメリットを感じながら、あたたかく快適な冬を過ごしているご家族の声をご紹介します。

 

次の住まいも「FPの家」にしたご家族

高断熱・高気密住宅の「FPの家」に住んでからは、冬はほとんどエアコン要らずでとにかくあたたかいと大満足のご家族。

常にきれいな空気が流れ、たばこを吸ってもクロスがほとんど汚れないと、換気性能の高さも実感してくださっています。

 

16年間「FPの家」に住み、これから新しく建てる家も迷わず「FPの家」を選ばれたご家族です。

 

 

もし24時間換気で寒いと感じたら。暖かく過ごすための対策

24時間換気で寒いと感じる場合、24時間換気を止めるのではなく、こんな対策をとってみましょう。

 

給気口に専用カバーやフィルターをつける

専用のカバーやフィルターを給気口につけることで、空気の流れを弱くして寒さを感じにくくなることがあります。

空気の流れを完全に遮ってしまわないように注意しましょう。

 

給排気量を調節する

換気システムの機種によっては、「強」「弱」など給排気の風量を変更することができるものもあります。

必要に応じて風量を「弱」にするなど、調節をしてみましょう。

 

サーキュレーターやシーリングファンを使う

サーキュレーターやシーリングファンで、暖房で暖めた空気を循環させるのも効果的。

暖房器具と併用して上手に使いましょう。

 

 

24時間換気は止めないで!寒いときの対策も知っておこう

24時間換気とは、換気設備を使って室内の空気を強制的に入れ替えるシステム。

湿気や汚れを含む空気を排出し、新鮮な空気を計画的に取り込むのが目的です。

 

もし、24時間換気で寒いと感じたとしても、止めてはいけません。

室内の湿気が排出されずに結露が発生してしまうと、建物が傷んだり、ぜんそくやアレルギーなどの健康被害につながったりする可能性も。

 

24時間換気は、シックハウス症候群を防ぐために義務化されたものですので、住宅の環境を守るためにも、継続して稼働させてくださいね。

快適な暮らしを叶える住まいには、高い断熱性と気密性、そして計画換気が必要です。

 

もし24時間換気で寒さを感じるなら、給気口にカバーやフィルターを付ける、風量を「弱」にする、サーキュレーターで暖かい空気を循環させるなどの対策をとってみてください。

 

「FPの家」は、高断熱・高気密・計画換気で、快適な住まいづくりをお手伝いします。

実際に 「FPの家」にお住まいのお客様の生の声もたくさんご紹介していますので、ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせくださいね。

 

facebook

twitter

line