家づくりの知識

2022.05.17

アイランドキッチンのメリット・デメリットは?どんな人におすすめ?

facebook

twitter

line

    

アイランドキッチンはおしゃれで開放的なデザインが魅力で、新築のキッチンをおしゃれに仕上げたいという方に人気が高いです。

 

しかし、アイランドキッチンを検討する際には、そのメリットとデメリットをしっかり理解することが大切。

 

そこで今回のコラムでは、アイランドキッチンについて詳しく解説!

アイランドキッチンのメリット・デメリットと、取り入れる際に知っておくべきポイントなどを紹介します。

 

アイランドキッチンはどんな方に向いているのかもお伝えしますので、検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

 

アイランドキッチンとは?どんな魅力やメリットがある?

アイランドキッチンとは、対面式のオープンキッチンのレイアウトのひとつで、シンクやコンロがある調理台が壁から離れて独立しているタイプのものです。

 

アイランドとは島という意味で、調理台が壁に接している部分がなく、キッチンの真ん中に位置している様子はまさに海に浮かぶ島のよう。

 

アイランドキッチンは調理台の周りが壁や吊戸棚で囲まれておらず開放的で、各メーカーもデザイン性に力を入れているケースが多いです。

魅せるキッチンとして、キッチンがLDKの中心的な存在となるでしょう。

 

対面式のオープンキッチンとしてリビングダイニングと空間がつながっているので、調理中もダイニングにいる家族とコミュニケーションがとりやすいのも特徴です。

複数人での作業もしやすいので、夫婦で一緒に料理をしたり、子どもと一緒にお菓子を作ったりなど楽しみ方も広がるでしょう。

 

また、キッチンの両方から出入りができる回遊性のある動線なので、キッチンを中心に効率的に移動しながら家事ができます。

 

以前のコラムでも「家事動線の良い間取り」の一例として、アイランドキッチンをご紹介していますよ。

「家事動線の良い間取り」にするためのポイントは?実例もご紹介

 

 

アイランドキッチンのデメリットも確認

アイランドキッチンのデメリットは、調理台の左右に通路を確保するために広いキッチンスペースが必要なことです。

限られたスペースでアイランドキッチンを取り入れた場合、リビングやダイニングが圧迫されてしまう可能性があります。

 

一般的なキッチンでは調理台に面した壁に収納や吊戸棚が設置されていることが多いのですが、アイランドキッチンではそれができないため、収納スペースが少なくなりがちです。

 

さらに、周りに壁がないことで、水や油が飛び散ったり、においが部屋に広がりやすいのも注意点でしょう。

 

また、開放的なオープンタイプのキッチンで、リビングダイニングと空間がつながっているため、リビングダイニング側からもキッチンが丸見えになります。

来客からもキッチンが見えやすいので、キッチンを常に片付けておく必要があるでしょう。

 

 

アイランドキッチンで後悔しないために知っておきたいポイント

アイランドキッチンのデメリットを確認したら、回避するための対策も知っておきましょう。

 

たとえば収納なら、キッチン周辺や動線上に大容量のパントリーを設置するのはいかがでしょうか。

収納スペースを確保しておけば、キッチンの整理整頓もしやすく、キッチンがごちゃつくのも避けられます。

 

汚れや、来客からキッチンが見えやすいという問題に対しては、シンク前やコンロ前に飛び散り防止用のパネルを立てるという方法があります。

半透明のガラスにすれば、開放感を残しつつ、汚れが飛び散るのを防ぎ、キッチンの目隠しができますよ。

 

また、においが広がるのを防ぐには、しっかりとした換気システムの確保が大切!

「FPの家」は、高い気密性と24時間計画換気で、室内を常にきれいな空気に保ちます。

 

換気については、下記のコラムで詳しくご紹介しておりますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

住宅の換気の種類を詳しく!どれを選ぶのが理想的?

 

 

アイランドキッチンはどんな人におすすめ?「FPの家」の事例も

おしゃれでデザイン性の高いキッチンにしたい方や、家族一緒に料理をすることが多い方、友人を招いてホームパーティをする機会が多い方などは、アイランドキッチンがおすすめ!

アイランドキッチンの魅力やメリットを活かして楽しめますよ!

 

「FPの家」でアイランドキッチンを導入した事例もご紹介しますね。

 

アイランドキッチンから見渡せる中庭がある家

奥さまのこだわりポイントのひとつが、家全体を見渡せるアイランドキッチン。

リビングからつながる中庭テラスも見えるので、中庭で遊ぶ子ども達の様子を見ながら家事を進めることができると大変満足されている様子。

 

キッチンを含め、1階には一切間仕切りがなく、吹き抜けリビングの天窓から差し込む明るい光も相まって、開放的な空間を実現しています。

 

様々な工夫で「楽」に過ごせる機能的な家

工務店からおすすめされたという、おしゃれなアイランドキッチンがお気に入りのご家族。

モダンなデザインとカラーが、家の雰囲気をランクアップしています。

 

「とにかくリビングを広くしたかった」というご希望で広いリビングを確保していますが、アイランドキッチンを採用されたことで、空間をさらに広く見せてくれています。

 

 

「アイランドキッチンに憧れるけどちょっと難しい」という方は、調理台の片方が壁に接する「ペニンシュラキッチン」もぜひ検討を。

壁があることでにおいや汚れの飛散を防ぎ、壁部分に棚などを付けて収納スペースも確保しやすくなります。

 

壁側に廊下へつながる扉を付ければ回遊動線も確保できます。

 

ちなみに「FPの家」では、世界にひとつだけの完全オリジナルキッチンをご提供する機会が少なくありません。

奥さまの身長に合わせたり、シンクの配置バランスを考慮したりと、単にカタログから選ぶだけではなく、お客様にとって一番使いやすいキッチンへとカスタマイズすることが可能です。

 

これも地域に根づく工務店ならでは対応力であり、「FPの家」ならではの強みかもしれません。

 

 

アイランドキッチンのメリット・デメリットを知ってぜひ検討を

アイランドキッチンとは、調理台が壁から離れて独立しているタイプのオープンキッチン。

 

デザイン性が高くオシャレで、対面式なのでキッチンに立ちながら家族とコミュニケーションをとりやすいという特徴があります。

調理台の左右からキッチンに出入りできるので、回遊性が高く家事効率が良くなりますし、家族一緒に作業などをしやすいのもメリットです。

 

一方、通路を確保するためにキッチンに広いスペースが必要なこと、壁がないのでにおいや汚れが広がりやすい、収納スペースが少なくなりがちといったデメリットも。

パントリーなどの収納スペースを確保する、調理台にパネルを設置する、高品質の換気システムを導入するなどの対策も合わせて検討しましょう。

 

「FPの家」は、高い気密性と家族構成に合わせて設計された換気システムで、においの気になりづらいアイランドキッチンのある暮らしもご提案可能です。

調理台の高さやシンク位置の変更など、細かなカスタマイズもお気軽にご相談ください。

 

実際に 「FPの家」にお住まいのお客様の生の声もたくさんご紹介しています。

ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせくださいね。

 

facebook

twitter

line