FP LIFE File No.020

鳥取県 牧野 様

計画換気が作る空気環境で病気の症状も改善

FP WEB.TV

計画換気が作る空気環境で病気の症状も改善

西部地震の被害で
「FPの家」への建て替えを決意

2000年(平成12年)に起きた鳥取県西部地震の影響で、以前の家の床下が液状化現象の被害に遭ってしまったという牧野様ご夫婦。
「FPの家」を建てていたオーナーさんが知り合いにいたことから、その防音性や断熱性などの性能に魅力を感じ、建て替えを決めたそうです。

計画換気が作る空気環境で病気の症状も改善

膠原病の奥様のために
こだわった室内環境

膠原病に苦しむ奥様のためにも、健康に配慮した家を建てたいと考えた牧野さん。
以前の家は真冬になると結露が出るほど気温が下がり、血行不良で指先が凍傷のようになるなど、さまざまな症状に悩まされていました。
ところが「FPの家」に入居した後は、完治したように手の症状が無くなったそうです。

計画換気が作る空気環境で病気の症状も改善

湿気を寄せ付けない
「FPの家」の性能

断熱や計画換気など、室内環境の良さが「FPの家」の特徴。
以前の家では、各部屋にストーブを置いていたという牧野様ご夫婦。
そのため湿度が上がり、押入れの中が湿って布団にシミが付くなど大変でした。
「FPの家」ではそれも無くなり、他の家との快適さの違いを実感しているそうです。

計画換気が作る空気環境で病気の症状も改善
お電話でのお問い合わせはこちら
0120-07-3215受付時間/平日AM9:00〜PM5:00 定休日/土・日・祝日
  • 資料請求フォーム
  • お問合せフォーム
FP WEB.TV
当サイトに掲載されているコンテンツの全部または一部を、その使用目的、形式、方法を問わず、複製または転載し、他に送信することを禁じます。
Copyright(C) 注文住宅 2015 FP-GROUP All Rights Reserved.
デザイン住宅の「FPの家」