断熱性・気密性

2021.10.18

気密性とは?高いとどんな影響が?その構造や必要性を詳しくチェック!

facebook

twitter

line

    

「高気密住宅」という言葉を、マイホームを計画している方なら耳にしたことがあるかと思います。

しかし、高気密住宅に住むメリットや基準まではわからない方が多いのではないでしょうか。

 

今回は、気密性とは何かといった基本から、高気密住宅に住むメリットまで詳しく解説していきます。

 

 

気密性とは?基本の構造や基準からチェック

気密性は、住宅の快適さを高める上で重要な項目です。

まずは、気密性の言葉の意味や基準から解説していきましょう。

 

気密性とは?

住宅における気密性とは「どれだけ隙間をなくし、外と室内の空気の出入りを少なくしているか」を指します。

気密性が高い家は隙間の少ない家であり、断熱性、省エネ性に関わる非常に重要な項目です。

気密性が高いと室内の空気が外に漏れにくく、外の空気が室内に入りにくいため、季節を問わず快適に過ごすことを可能にします。

「今時 隙間がある家なんてないでしょう」という声も聞こえてきそうですが、体で感じることができる隙間などは論外で、ほんの小さな隙間でも時には日々の生活に大きな影響を与えるのです。

 

 

一方で気密性が低いと、外気と一緒に花粉やPM2.5などの汚染物質が住宅に侵入してしまったり、冷暖房効率が低下してしまったりということが起こりうります。

 

気密性の基準とは?

気密性を数値で表したものを「C値」と言います。

C値とは「隙間相当面積」のことを指し、家にどの程度の隙間があるかを数値化したものです。

 

C値が低いほど家の隙間の量が少なく、気密性の高い家といえます。

C値は【家全体の隙間の合計(c㎡) ÷ 建物の延床面積(㎡)】という計算式で、家全体の隙間合計面積を建物の延床面積で割って算出されます。

 

以前は地域ごとのC値の基準値が国で定められており、北海道で2.0以下、その他の地域では5.0以下とされており、この値よりもC値が小さければ高気密の家であるとされていました。

 

ちなみにC値2.0は200c㎡(はがき1.3枚相当)、C値5.0とは500c㎡(はがき3.3枚相当)です。

「FPの家」のC値の全国平均値は0.44cm²/m²。

気密性に配慮していない一般の住宅の平均は9cm²/m²と言われており、気密性の高さは業界トップレベルです。

 

「FPの家」では、気密測定を実施し、1.0㎠/㎡をオーバーした場合はそれを下回るまで 引き渡しはしないというルールを設けていますが、1.0c㎠/㎡2をオーバーする事例はなく、更により厳しい基準を設けることも視野に入れています。

 

 

気密性が与える影響とは?気密性の重要性を確認!

気密性を高めることで4つのメリットがあります。

  1. 断熱性能も上がる
  2. 家中の温度ムラがなくなる
  3. 結露やカビの発生を抑制する
  4. 外気の汚染物質の侵入を防ぐ

 

それぞれの良い影響についてと、実際に「高気密住宅に住んで良かった」というお客様の声も一緒にご紹介します。

 

① 断熱性能も上がる

気密性の低い家は、結果的に断熱性能が低くなってしまいます。

 

仮に高い性能を有する断熱材を使用しても、隙間が多ければ外気がどんどん侵入して断熱効果は半減してしまうということです。

そのため、断熱性を考える場合は、断熱材の選定や工法と同じくらい気密性も重要になります。

 

断熱性と併せて、気密性が高まれば冷暖房の効きが良くなるため、冷暖房費の節約にも繋がります。

 

② 家中の温度ムラがなくなる

たとえ断熱性が高くても、気密性の低い家だと、例えば1階と2階で温度が違ったり、廊下や脱衣場だけ寒かったりと温度ムラが発生します。

家の中で温度ムラが激しいと寒暖差疲労を起こし、体調不良を起こしやすくなったり、風邪を引きやすくなったり、夜に寝付きにくいなどの体や心の不調へつながる恐れがあります。

 

もちろん断熱性が高い素材を使用することが前提になりますが、気密性を高くして温度ムラをなくすことで、急激な温度差で心臓や血管の疾患が起こる「ヒートショック」も防ぎ、夏は涼しく冬は暖かい快適な暮らしが叶えられます。

 

③ 結露やカビを抑制する

気密性の低い家は、壁や屋根の隙間から暖気や冷気が侵入します。

その際に、外と室内の温度差によって結露やカビが発生するケースが少なくありません。

 

カビが生えるとそれを餌にダニが繁殖し、アレルギーの原因になることも。

高気密住宅は隙間から外気の侵入を防ぐので、結露の発生やカビ・ダニの発生を抑えます。

 

窓に水滴がつく機会が多いせいで、結露は冬のイメージが強いですが、夏も「逆転結露」が発生してしまうことがあります。

逆転結露は、冬とは逆に暑い外の空気と冷房で冷えた室内の温度差によって壁の中で結露が発生する状態を指し、夏場のお風呂場と同様に湿気が滞留することで、やがてカビが発生する状態へと悪化させて行きます。

 

「FPの家」では、耐水性・防湿性に優れた硬質ウレタンフォームを断熱材として使用。

外壁下地の内側に通気層を設けることで湿気がこもるのを防いでいるうえに、水や空気をほとんど通さない素材であるため、壁内部の結露の発生を防止しています。

 

④ 外気の汚染物質を防ぐ

アレルギーや病気の原因となる汚染物質は、主に窓やドアなどの開口部から侵入します。

しかし、花粉・黄砂・PM2.5等は粒子が細かいため、場合によっては窓を閉め切っていても家中の隙間から家の中に侵入してきてしまいます。

 

高気密住宅は隙間がほとんどないので、汚染物質を含んだ空気の侵入を防ぐことができます。

 

実際に高気密な「FPの家」に住み始めてからは花粉症の症状も軽減されたというお声が沢山届けられています。

 

高気密住宅に住むご家族の声も参考にご紹介

高気密住宅に住んでいる2組のお客様の声をご紹介します。

 

1組目のお客様には、家中どこでも温度が一定で、梅雨時期は湿気がなく冬場は結露が出ない点に満足いただいているお住まいの例です。

花粉症も軽減するなど、実際に住み始めて体感する良い部分がたくさんあったそうです。

小高く鎮座する存在感のある住まい「FPの家」

 

2組目のお客様は、冬場に悩まされていた結露がまったく出ず、年中室内温度が一定のため、服装を含めた生活スタイルが大幅に変わったといいます。

気がかりだった目の前を頻繁に走るモノレールの音も気にならず、奥さまの花粉症の症状も自宅では緩和するなどの変化がありました。

遮音性に優れた地中海風住宅「FPの家」

 

 

高気密でも換気は問題ない?実は換気のためにも気密性の高さが重要!

リビングで過ごす家族

「気密性が高いと空気の流れが遮蔽されているようなイメージを持たれているせいか、換気がきちんとできるのか不安…」という方もいらっしゃいますが、実はその逆で気密性が高まるほど換気の性能は上がるのです。

その理由について、ご紹介していきましょう。

 

気密を高めることで換気性能がアップ

換気は、入口(給気口)から清浄な空気を入れて出口(排気口)から汚れた空気を排出し、「室内全体の空気を正常に保つこと」です。

計画的に空気の経路を作ることで家の中を換気します。

 

しかし、気密性が低いと、計画的に室内全体の空気を正常に保つ事ができず効果を最大限に発揮できないのです。

 

穴が開いたコップに入ったストローをイメージしていただくと分かりやすいかと思いますが、穴の開いたストローでは空気が漏れてしまうため、ジュースをうまく飲むことができませんよね。

まったく吸えない訳ではありませんが、吸いにくくなることは容易に想像できるかと思います。

住宅も同様で、気密性が低いとうまく空気を入れ替えできず、換気効率が低下してしまいます。

 

そのため、換気性能を上げるうえでも、高気密住宅は非常に有効といえます。

 

適切に換気ができなければ、住宅内の汚染された空気が留まってしまいます。

 

室内の空気は、建材や新調した家具、日用雑貨から発せられる化学物質、カビやダニ、人の呼吸や料理の臭いなどによって、想像以上に汚れています。

うまく換気ができないと汚れた空気を体内に取り込むことになり、快適性が損なわれるだけでなく、シックハウス症候群を起こす可能性も。

 

建築基準法の改正により2003年7月1日以降に着工する物件に関しては「24時間換気システム」等の設置が義務付けられています。

 

それほどに、生活する上で重要な役割を持つ換気。

その換気を効率的に行うために必要なのが、気密性の高さなのです。

健康管理の一環として水道水ではなくミネラルウォーターを購入される方も少なくないと思いますが、水にはあれこれ知識を得ようとするのに、なぜ空気には無頓着なのか。

それほど空気(換気)の役割が大切なことだと認識すべきかもしれませんね。

どちらも生活するうえでなくてはならないものですから。

 

 

住宅における気密性とは快適に過ごすうえで重要な項目!

住宅における気密性とは「どれだけ隙間をなくし、外と室内の空気ので切りを少なくしているか」を指し、高気密住宅には4つのメリットがあります。

  • 断熱性能も上がる
  • 家中の温度ムラがなくなる
  • 結露やカビの発生を抑制する
  • 外気の汚染物質の侵入を防ぐ

 

また、高気密なほど換気性能を高めるため、換気面でもメリットが大きくなります。

高気密物件に住むことのメリットは多く、家づくりの際は断熱性能の高い素材選びはもちろん、「住宅の気密性」を重視することをおすすめします。

 

高気密住宅で快適な暮らしを叶えるなら「FPの家」をぜひご検討ください。

「FPの家」にお住まいのお客様の生の声もたくさんご紹介しています。

ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

 

facebook

twitter

line