条件で検索する
キーワードで検索する

FP LIFE File No. 09
岐阜県 尾形 様

 

 

親子2代「FPの家」で健康に

尾形さまご家族が「FPの家」を建てられたのは、奥様がたまたま冬にモデルハウスで宿泊体験をし、その性能に惚れ込んだのがきっかけで新築されたそうです。その際、ご主人が製麺会社を経営されていて、「住宅の地下部分にFP工法で鉄骨造の製麺工場をつくってほしい」という要望をされたそう。当時はまだFPパネルを住宅以外に使った例がありませんでしたが、工務店の誠意と努力でこの難題を実現させました。

一年中、室内の温度を一定に保てる「FPの家」は、健康を維持するために必要な基礎体温である36.5℃を常に維持することができます。そのおかげで、以前は病弱だった奥様も「FPの家」に住み始めてから元気になったそうです。一緒に作られた製麺工場では、職場環境が改善されたおかげで、作られる麺は温度や湿度が安定していることからいい製品が作れ、ランニングコストも大幅に削減できるなど、従業員にとっても最高の環境になったそう。また、結婚を機に住み慣れた家を離れた娘さんは、嫁ぎ先の家で、冬の寒さや結露、隙間風、カビや湿度など、これまでの環境との違いに悩まされ、ついには原因不明の病気を発症して入院してしまいます。その時に、住環境の重要性を痛感して、退院後すぐに「FPの家」への建て替えを決意。今では、病気も完治してすっかり元気になり、新しい住まいで快適に暮らされています。

関連MOVIE