条件で検索する
キーワードで検索する

FP LIFE File No. 29
宮城県 穀田 様

 

 

木に包まれて暮らす省エネ住宅

2011年の東日本大震災でご自宅を失った穀田様ご家族が再起するために選んだのが「FPの家」でした。「住宅についてこんなにも性能が大切だと思っていなかったので、いろんなことを知るたびに驚きと発見の連続だった」とご主人。住み始めてから「冬は家中が暖かいうえに温度が一定で、体が楽になった」と住み心地の重要性を家族みんなで噛み締められているようです。

家づくりでこだわられたのは、ふんだんに使われている木材。ほのかに感じる木の香りは、住む人や集まる人に癒しを与えているようで、2階に作られたご主人の部屋は、その木の心地よい雰囲気が相乗効果を生み、お酒と音楽と読書が楽しめる男性なら誰でも憧れるようなプライベート空間に仕上がっています。
また、太陽光発電と相性の良い「FPの家」で、夏は涼しく、冬は暖かい快適な生活を実現させるだけはなく、年間の売電額が消費電力を上回り5万円のプラスの収支にすることも実現。体にも家計にも優しい省エネ生活に大満足のご家族でした。

関連MOVIE