FP LIFE File No.022

京都府 古山様

耐震性を重要視した二世帯住宅の「FPの家」

FP WEB.TV

耐震性を重要視した二世帯住宅の「FPの家」

阪神大震災を経験し
「FPの家」を選択

20年前の阪神大震災を以前のお住まいで経験し、
耐震性が重要だと感じた古山さん。
色々な家を比較したなかで、FPパネルを触り、
壁(家)の強さを感じたそうです。
実際に「FPの家」に住んでからは震度2〜3の揺れは、
ほぼ感じることがなくなったと云います。

耐震性を重要視した二世帯住宅の「FPの家」

2つの家族をつなぐ中階段で
快適な二世帯住宅を実現

「FPの家」を建てる際に玄関が別々の二世帯住宅だけど、中では行き来できるようにしたかったと話す娘さん。
1階と2階をつなぐ階段で、子供達も親世帯の方に行きやすくなり、両親のことも安心していられるようになったそうです。

耐震性を重要視した二世帯住宅の「FPの家」

家が暖かくなり
しかも、光熱費が半分に

「FPの家」に住んで一番良かったことは、暖かさ。
寒い冬場でも、3つの部屋を1台のエアコンだけで暖かく過ごすことができ、部屋の中の温度が一定なので、寒くて眠れないということがなくなったそうです。
さらにオール電化にすることによって光熱費が以前の家と比べて、半分になったという喜びの声も。

耐震性を重要視した二世帯住宅の「FPの家」
お電話でのお問い合わせはこちら
0120-07-3215受付時間/平日AM9:00〜PM5:00 定休日/土・日・祝日
  • 資料請求フォーム
  • お問合せフォーム
FP WEB.TV
当サイトに掲載されているコンテンツの全部または一部を、その使用目的、形式、方法を問わず、複製または転載し、他に送信することを禁じます。
Copyright(C) 注文住宅 2015 FP-GROUP All Rights Reserved.
デザイン住宅の「FPの家」